美人面犬の飼い方 無料【姉の膣内に中出し 人間の子を妊娠する犬】

美人面犬の飼い方は公式サイトで読むことができます。

ぜひ読んでみてください。

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

「美人面犬の飼い方」無料試し読みはこちら

 

美人面犬の飼い方の見どころ

姉は犬だがマッサージをしてあげた。

犬もやはりマッサージは気持ちいいらしい。

 

最初は首元を優しくマッサージ。

そのあと前足の付け根あたり。

人間でいう肩のあたりをマッサージした。

 

最初はちゃんとマッサージしていたが次第に要求が増した。

 

 

「もう少し下。」「もう少し下。」

姉は下の方を揉んでほしいと言うのだ。

 

そして手は胸の方に来た。

「そこが一番凝ってるの」

 

 

犬の胸を揉むと言うのはなんともおかしな話だが、

犬である姉の胸はふっくらとしている。

 

まるで成長し始めた小学生の小さな胸のようだ。

誰にも汚されていない綺麗な胸を姉は持っている。

 

 

柔らかくて、弾力のある胸。

毛で覆われているため手触りはザラッとしている。

しかし気持ちがいい。

 

揉むたびに姉は「ああぁぁん」と甘い声を出す。

 

 

 

そして僕はズボンを脱いだ。

 

僕の股間は大きく増大した肉棒がある。

赤黒く光り、先端からは我慢しきれない液が出ている。

 

 

「すごく我慢してるので。舐めてあげるね」

と姉は僕の我慢汁をペロッと舐めた。

 

 

そして僕は姉を四つん這いにさせた。

犬が後尾をするあの姿勢だ。

 

四つん這いになっている犬の姉

僕は人間だがこの体位で姉のあそこに挿入。

 

 

大きく反り立った肉棒を挿入する。

 

 

 

姉は愛液という潤滑剤で膣内を満たしていた。

すでに姉は準備ができていたのだ。

 

 

今までに何度も後尾をした姉と僕。

姉は僕の肉棒を求めていた。

 

 

出し入れするたびに白濁した粘り気のある愛液が糸を引く。

 

「あぁぁん…あぁぁん…あぁぁん…」と姉は可愛い喘ぎ声をだす。

 

 

僕はその声に興奮して、絶頂まですぐそこまで来た。

 

「ねえ。お姉ちゃん。もう我慢できない。膣内でイっていい?」

 

「いいわよ。お願い来て!中でたくさん出して!あなたの赤ちゃん産みたい!」

 

そう言って僕の精液を体内に放出させることを承諾した。

 

そこで僕た大量の精液を姉の子宮の中に出したのだった。

 

 

美人面犬の飼い方は過激なシーンが多い漫画です

読む際は覚悟を決めて読んでみてください。

美人面犬の飼い方は無料試し読みすることができます。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

「美人面犬の飼い方」無料試し読みはこちら