美人面犬の飼い方 無料【「うああああああああっ」悲鳴に似た喘ぎ声をあげる姉】

美人面犬の飼い方は公式サイトで読むことができます。

ぜひ読んでみてください。

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

「美人面犬の飼い方」無料試し読みはこちら

 

美人面犬の飼い方の見どころ

姉ちゃん。

俺、姉ちゃんを性の対象にしか見れないよ。

 

僕は姉ちゃんに性的欲望を打ち明けた。

 

突然切り出された姉は「ハッ」としていた。

弟として付き合っていた相手から性の対象としてみられていたからだ。

 

 

しかし姉自身も僕を性の対象としてみていた。

姉は犬だが、僕の大きな肉棒を求めていたのだ。

 

 

そして僕は姉をなぎ倒し、姉を腹ばいの姿勢にさせた。

 

 

そうすると姉のワギナがジュルッという音を立てて僕の肉棒を招こうとしている。

 

 

だから僕が怒り狂った肉棒を姉のワギナに押し付けた。

 

 

姉は犬だ。

だからワギナも小さくて入らない。

 

 

だが、僕はなりふり構わず肉棒を押し付けた。

 

 

「うああああああああっ」

「あ、あぁぁ……!」

 

という悲鳴に似た喘ぎ声をあげる姉。

 

 

禁断の関係を超えてしまった二人。

 

 

姉と弟という関係だけでなく

犬と人間という神に対する背徳行為も

一線を超えてしまったのだ。

 

「痛いよぉ…もう…許して……」

姉はそう訴えるが、内心は肉棒の奴隷になっている。

 

 

愛液が姉のワギナから漏れ

床につつーっと伝う。

 

 

僕らはもう戻れない関係になってしまったのだ。

 

 

犬の子宮に射精したら一体どうなるのか。

奇形な子が生まれてくるのか。

 

 

そんな不安もありながら

僕は姉の子宮の奥深くで大量の精子を放出させた。

 

 

美人面犬の飼い方は公式サイトで無料試し読みできます。

ぜひ読んでみてください。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

「美人面犬の飼い方」無料試し読みはこちら