美人面犬の飼い方 無料【人面犬の姉に巨棒を突っ込む俺】

美人面犬の飼い方は公式サイトで読むことができます。

ぜひ読んでみてください。

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

「美人面犬の飼い方」無料試し読みはこちら

 

美人面犬の飼い方の見どころ

僕は姉をレイプした。

 

「姉ちゃん。なんだよそのポーズは。抵抗のポーズか?」

 

姉は僕との性行為を拒んでいるようだ。

それもそのはず。

僕は人間、

姉は人面犬だ。

 

姉は僕と一線を超えることを拒んでいるのだ。

 

「だめ!やだ、ああっんっ、やぁ、あっ、」

 

それでも僕は姉のあそこに指を入れた。

 

開かされた姉の股の間に、僕の長い指が這う。

 

姉のあそこは人間より小さい。

犬だからだ。

 

僕は優しく姉のあそこを愛撫した。

 

姉のクリトリスをいじめ、

クチュクチュになった内部を搔きまわす。

 

 

 

「あぅっ、あっ、あっ」

 

 

姉は躰を捩らせ、反らせ、首を振る。

 

「いやっ、だめっ、

あああっ、やぁ、んっ」

姉は激しく痙攣し、ガクガクと震えながら逝く。

 

「こんなのだめ。私たち姉弟なのよ」

「こんな行為したら神に逆らってしまうわ」

 

姉は犬。僕は人間

 

確かに神に逆らう行為だ。

 

 

しかし僕は姉を性の対象としか見れない。

 

姉を壊したい

 

姉を孕ませたい

 

姉に僕の子を孕ませて

異形を産ませたい

 

 

僕の性の欲求は異常だ。

 

 

僕はさらに興奮して

姉の股を開き

僕のいきり立ったオス肉を姉のあそこにぶち込んだ。

 

 

「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!」

と悲鳴に似た喘ぎ声で姉はすぐに逝った。

 

 

それでも構わず僕はロボットのように姉のあそこに出し入れしたのだ。

 

そして濃い精子を姉の子宮内に放出した。

 

 

美人面犬の飼い方は公式先とで無料試し読みできます。

まずは無料で試し読みしてみてください。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

「美人面犬の飼い方」無料試し読みはこちら