美人面犬の飼い方 無料【姉の子宮の中に精液を 犬に中出しして妊娠させる】

美人面犬の飼い方は公式サイトで読むことができます。

ぜひ読んでみてください。

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

「美人面犬の飼い方」無料試し読みはこちら

 

美人面犬の飼い方の見どころ

姉と弟の禁断の関係

 

姉は犬だ。

我が家は他の家庭とは少し違う。

 

姉が犬だからだ。

いわゆる人面犬というやつだ。

 

僕は姉を毎日散歩に連れて行く。

そこで姉はご近所さんと挨拶を交わしたり

時には僕を叱ったりする。

 

容姿は人面犬だが

機能としては姉なのだ。

 

 

そんな姉を僕は愛している。

 

毎晩姉の寝床を襲いに行く。

 

 

「おやすみなさい…」

 

うぅうっ…いいっ……あうっ…

 

「ちょっと。ダメでしょ。」

「もうこんなことできないよ。」

 

くっちゅくっちゅ…

 

ぐちゅ…ぐちゅ…

 

ぐちゅぐちゅ…くっちゅ………

 

僕は姉の寝床で姉の小さなワギナを指で虐めるのだ。

 

腹ばいになっている姉は僕に服従する形になった。

 

犬の膣は小さいが、

僕のいきり立ったペニスを受け入れるために

愛液を芳醇に蓄えている。

 

潤滑油の役割を果たすために

本能が姉を濡らすのだった。

 

 

ああぁ…

大きい…

 

こんなの…

 

大きすぎて入らないよ…

 

姉は僕の肉棒があまりのも大きすぎて激痛を感じているのだ。

 

しかし次第に姉のあそこは滑らかに僕の肉棒を吸い付くようになった。

 

 

ぐちゅ…ぐちゅ…

ぐちゅぐちゅ…くっちゅ………

ぱんぱん!

 

ああ!だめぇ…

 

 

いくぅ……いくぅ……

 

いく~ぅ…出るぅ~……

 

ショ~ッ、シャ~ッ……

 

はあ、ふう……

 

 

姉は犬ながら激しく痙攣しながら絶頂した。

 

僕にマーキングするためなのか。

僕に聖水をかけ、「この男は私のもの」と言わんばかりに大量の聖水をかけてきた。

 

 

そして僕も「この犬は俺のもの」という理由で

姉の子宮の中に精液を大量に放出させた

 

 

 

美人面犬の飼い方は公式先とで無料試し読みできます。

まずは無料で試し読みしてみてください。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

「美人面犬の飼い方」無料試し読みはこちら